猫と暮らすリフォーム

住宅リフォームを考える人で
猫を飼っている方も居ますよね。

では、家の中で猫を飼う時は
どんな配慮が必要でしょうか。

壁材、網戸、室内ドア、空調などに、
リフォームする時に配慮が必要なようです。

寝室の一角に大きなFix窓(1350mm×1800mm)で仕切って
猫専用の部屋を作ったお宅があります。

部屋の仕切りをガラスにしてあって、
寝室も猫の部屋もとても明るくて
お互いに様子を見ることができます。

寝室と猫のための部屋には、
壁紙の下地には消臭機能のある
「炭塗料」が塗布してあります。

その上に通気性のある壁紙が貼ってあり、
これには「消臭効果」だけでなく、
カビ対策のための「調湿効果」や「抗菌効果」もあり、
快適な環境が保たれるよう工夫されています。

動物を飼うと匂いがこもりがちになりますので、
換気扇を設置をしたり、
ドアも機密性の高い「高気密用エアタイトドア」を使用すると良いでしょう。

猫の部屋の空気は
寝室に漏れることなく
直接外気と入れ替えられるようになります。

出てきて欲しくないドアや、
入って欲しくない部屋のドアには、
鍵をつけるか「握り玉」にすると
簡単には開けられないでしょう。

猫は高いところへ登ったり、
狭いところに隠れたりすることが好きです。

上下運動ができるようなものを設置するといいようです。

天井近くの壁面に「キャットウォーク」を設置してみます。
材質はパイン集成材で、
階段のように上っていけるような
「壁面に棚板」を設置すればよいでしょう。

また、網戸は猫が破く事のできないように
アルミ製のものを使用するとよいでしょう。

スポンサードリンク

Copyright © 2007 住宅リフォーム 住宅リフォーム講座 All rights reserved.
- テンプレートマジック -
inserted by FC2 system