トイレのリフォーム

住宅リフォームの中で、誰もが行うものが
トイレのリフォームです。

トイレは、家族が毎日使う場所ですので、
リフォームする場合には、
まず「安全性」に気をつけたいものですね。

トイレの扉は狭い廊下からの出入りに作られていて、
幅が狭くなっているものが多いのです。

なのでリフォームする時には開口部は広くして、
扉の前のスペースにも余裕ができるようにするといいようです。

トイレの床、便器などの拭き掃除がしやすいように
スペースが十分取れるようにすることも大切です。

便器に座ってから
トイレットペーパーが無いことに気づいた時、
座ってからでも手が届くところに収納を考えましょう。

掃除用具の収納も考えてくださいね。

トイレ内は狭いので、
トイレ用のシステム収納や、
壁の厚みを利用した収納スペース、
あまり普段使わないようなものは吊り戸棚に入れたりして、
効率的に収納する工夫が大切です。

「快適な空間」をつくる。

トイレにゆっくりと過ごせるように
壁にちょっとした本棚をつくってみるのもいいです。

読書したりして一人の空間を楽しむことができます。

人が入るたびに感知して(人感センサー付き)
自動的に換気扇が回る便器を設置するのもおすすめです。

高齢化に伴い何度も夜中にトイレに行くことがでてきます。
ですので寝室の隣にトイレがあると便利です。

「引き戸」は将来を考えると、
車椅子での出入りや人に支えられたりした時に使いやすいです。
そのために段差の無いようにリフォームが必要になってきます。

そういうことも考えてリフォームしてみてください。

冬の寒い時期のために暖房設備がおけるようにコンセントもあると便利です。
手すりや肘掛などの工夫も大切です。

トイレは家人だけでなくお客様も使うことがありますね。
お客様に洗面所を覗かれたくないならば
トイレに手洗いの場所や鏡を取り付けるといいかもしれません。

狭い空間に大きな手洗いを取り付けると
男の方には使いにくくなると思いますので、
そのあたりは気をつけ下さい。

スポンサードリンク

Copyright © 2007 住宅リフォーム 住宅リフォーム講座 All rights reserved.
- テンプレートマジック -
inserted by FC2 system