トイレ床材のリフォーム

住宅リフォームの中でトイレのリフォームは高額です。
ですから、トイレリフォームの中でも
トイレ床材のリフォームを行うこともあります。

トイレの床には水だけでなくアンモニアや、
掃除の時は強力な洗剤も飛び散ったりします。
ですから通常の床材では
すぐに変色や腐食したりしてしまいます。

光触媒を利用した、
匂いをおさえる「大型セラミックタイル」にするのも
いいかと思います。

一番汚れやすい便器周りは、
大型の1枚モノで覆っておけば継ぎ目もなく掃除も簡単です。

セラミックタイルは光触媒を応用しているため、
アンモニア臭・カビ臭の原因となる雑菌を分解して
イヤな匂いを抑える効果があります。

「タイル」もいいですね。
タイルの良さはなんといっても
その質感と高級感にあるところですね。

そしてデザインだけでなく、
耐摩耗性などの丈夫さと寿命が長いのも魅力になってきます。

例えば壁にはパール調のモザイクタイル、
床は40cm角の大型タイルを使った
サニタリーはどうでしょうか。

タイルだからこそ
汚れやシミも気にならなくなります。

床暖房を入れたりすれば、
夏は涼しい空間に、
冬は暖かくなりかなり快適ですね。

スポンサードリンク

Copyright © 2007 住宅リフォーム 住宅リフォーム講座 All rights reserved.
- テンプレートマジック -
inserted by FC2 system